Photoset

佃煮

去年のふき味噌がまだ冷蔵庫にあるので
今年は佃煮にしている。

生の青のりをよく見るので今が旬なのかもしれない。
これも佃煮に。普通の海苔の佃煮よりそそる感じだ。

牡蠣、今が最も太っている気がしてならない。
100g160円。

Photoset

4月12日(土) 晴 起床七時半 
4月13日(日) 晴 起床七時半 二度寝

Gemma ray 「first of flower」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

土曜のまかない

ぶりのづけ散らし寿司
(ぶり、筋子、大葉、茗荷、万能ねぎ)


日曜のまかない

鴨肉とブロッコリーのカレー(ジャワカレー一箱)
練乳いちごかき氷バー
白米

自分だけマンナンヒカリを混ぜた米

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

連日、店を出るのが深夜12時を回っている。

日中まあまあな鮮度のぶりのサクがあったので
晩酌用に買い求めていたが、ゆとり皆無だ。

深夜、煮切った酒、醤油、少しの砂糖で作ったつけ汁を作り
命からがら薄く切ったぶりをぶちこむ。
散らしに使う魚は刺身より少し薄いほうが美味しい気がする。
無事延命作業終了。

日曜朝は居間で二度寝している。
手抜きにカレーだ。

カレーに使った鴨肉は、すじの部分。
今まで捨てていたのを、取っておいてもらい冷凍保存していた。
そのまま食べるには固すぎるが、非常に良い味が出ている。
出汁として使用するには宝のような部分だと思った。

そしてどんな部位でも鴨を使っているというだけで
食べる方は心ときめくのか、良い感じの食事に着地した気が。
今週も危ないところだった。


コッソリ自分だけマンナンヒカリというこんにゃくを使った
米(カロリー30パーオフになる)を食べている。
半分がマンナンヒカリなのだが、見た目も食べた感じも
あまり違和感が無い。

Photoset

ふきのとう

友人から。相当やばい鮮度。
茹でて水にさらし一晩灰汁抜き。

ふきと、菖蒲の匂いはどこか似ている。

Photoset

4月5日(土) 雨 起床七時半 雨 
4月6日(日) 時々雨 起床七時半 変な天気 

「悲しき口笛」
「悲しき竹笛」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

土曜のまかない

白飯
下仁田葱とレバーのおかず
三つ葉とわかめのスープ
胡瓜の漬物
ヨーロピアンシュガーコーン


日曜のまかない

青野菜のクリームソースパスタ
春キャベツのスープ
カッテージチーズケーキ、ブルーベリーソースがけ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

肉を断つという事は、餃子を食べられなくなるという事に気づく。
友人手製の餃子がとても旨く、瞬間で菜食生活を諦めている。

よって自分の昼食は揚げレバー丼にする。
白米に、炒めた下仁田葱の青い部分を敷き詰め
揚げたレバーをたっぷり並べる。
がっつりと白髪葱を乗せ、丼だれを回しかけ、七味わさわさ。

肉、揚げ物、甘辛味の丼ぶり飯は、美容から遠く離れているが
その背徳感がなんだか気持ちよくもある。

胡瓜のQちゃんのような漬物が食べたくなり
もろきゅうで自作。大きい胡瓜で作るほうが美味しい気がする。

Photoset

揚げレバー

「レバー立田揚げ」は給食に出て来たメニューで
とても気に入っていた。レバーを薄く切るとより美味しいが
普通にやってもブヨブヨして切れない。

半解凍の状態だと自在に薄切りできる。

焦げないよう片栗粉で揚げて、ニンニク生姜唐辛子入りのたれに
ドボンとやる。

日持ちする。
酒にも合う。
レバーが嫌いな人でも食べられる。

Photoset

花見弁当2014

餅米を少し混ぜると、冷めても米が柔らかく食べられるから

都合が良いと思っている。

Tags: 花見
Photoset

3月30日(日) 一日雨 起床七時 暖かい雨 風強い

Vampire Weekend「Don’t Lie」
Islands「winged beat drums」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日曜のまかない

白飯
小松菜と豚肉炒め
厚揚げ焼き
うどの穂先の天ぷら
三つ葉と白髪葱のかき玉汁
ブロッコリー菜のおひたし

太巻き(母作)

浜松名菓「あげ潮」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今年に入って気づいた事なのだが
肉を常食する人は、かなりの確率で猫背である事が多い(自分調べ)。

注文票を見て、あ、このオーダー絶対猫背の人だ!と席を見ると
もの凄い確率で猫背なのだ。
当たると何だか嬉しい。

嬉しいが、美容的に肉は怖いな・・・と思い知らされる事が多い。

そんな訳で、以前少しやっていた完全菜食の本を取り出し
今週から、菜食肩ならし。

自分含め女性陣の美容のため、これからは少し肉を控えて行きたい。

厚揚げを初めにこんがりと焼いて、甘辛く濃いめに味付けする。
こってりしていて、一味を振るとご飯が進む。

別にこれでいい。

Photoset

3月29日(土) 晴 起床七時  暖かい

DUCKTAILS 「WISH HOTEL」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

土曜のまかない

筍おこわ
菜の花のおひたし
小松菜のみそ汁
新じゃがいものにっころがし

アイスキャンディ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

木の芽味噌は旨い。
筍との組み合わせでは一番のお気に入りだ。

酢味噌に細かく叩いた木の芽を入れたものを
一般的に木の芽味噌と言うのだと思うが
市販の木の芽は割高で、思う存分使えない。
8枚で400円?
末端価格から言えば、麻薬とそうそう変わらないのではと
思えてやまない。

という事で鉢を買う。
400円で一鉢買えて、水やりを怠らなければワンシーズン持つ。
穂先の小さな芽はあしらいに。
大きな葉は刻んで木の芽味噌に。
鉢を部屋に入れて夜、酒を飲みながら葉をいじり
指を嗅ぎながら飲むビールもいい。
コロナとライム的なイメージだが、いかんせん
発泡酒と山椒っていうのがどこか締まらない。

が、別にそれでいい。